人気ブログランキング |

センぺルビブムの子株。



こんばんは☆

みなさま、楽しいG.W.を過ごされましたか?
お仕事だったという方も少なくないかもしれませんね(><) お仕事ご苦労さまです!

ひなこたとーさんも、例年なら仕事が入ることが多いのですが
今年は消費増税のせいで3月中に仕事が集中したため、休日出勤もなく、
めずらしく連休を家族で過ごすことができました^^

連休最終日、子ども達を楽しませようと とーさんが連れて行ってくれたのは
滋賀県の彦根にある 『スカイアドベンチャー』というところで
地上8メートルの高さに設置されたアスレチックを、ハーネスと命綱をつけてクリアしていくという
なんともスリルかつ楽しいところでした(●^▽^●)♪
d0174914_21585245.jpg

ヒナタは意外と平気でスイスイ進んでいくのに対し、
d0174914_2202949.jpg

キャーキャーと悲鳴をあげつつ、へっぴり腰で進んでいくコタロウ(笑)
それでもとーさんに補助してもらいながら、頑張ってコースクリアできました^^

1周目はかーさんも高いし怖いしでリタイヤしそうになりましたが^^;
2周目にはすっかり慣れて、調子にのって結局4周して、
もちろん次の日は全身筋肉痛で大変でしたー(T▽T)

他には全長200メートルの空中スライダーもあって
d0174914_2265162.jpg

とっても楽しかったです♪





5月もあっという間に3分のイチ過ぎようとしてますね。 早いなー!!

相変わらずセンぺルの植え替えにおわれて 手が乾燥でしわしわになってきた。
その手を見て、老いを感じる今日この頃です・・・

今年は朝晩の気温が低い日が多いせいか、まだいまいちセンぺルが本調子じゃないような・・・
来週の手づくり市では、まだべストの状態で持っていけないかもしれません(><)
が、40ポットのトレーを3つ分ほどは持っていくつもりなので
あとはできるだけ品種を豊富にできるように頑張って準備しまス!
気温が上がれば徐々に色や形が変化していくので、その姿を楽しんでもらえたら♪

センぺルのこの時期のお楽しみといえば、色の変化とともにたくさん出てくる子株ちゃん♪
センぺルの子株は ランナーと呼ばれる細ーい茎のようなもので親株とつながって
親から栄養を分けてもらいながら成長し、やがて自分で根を出して自立します。

そのランナーの出方は 品種によってさまざま。
d0174914_22244229.jpg

d0174914_22285033.jpg

d0174914_22301684.jpg
d0174914_223019.jpg

d0174914_22321779.jpg
d0174914_223177.jpg

d0174914_22524083.jpg

d0174914_22325050.jpg

親から程よい距離までランナーを伸ばすものや、びよーんと遠くまで伸びるもの、
ほとんど伸ばさないものもあります。

品種によって出てくる子株の数もさまざま。
2~5コしか出ないものや、ぐるりときれいに親を囲むほど出るもの、
毎年出ないものもあれば、年に2~3回出てくるものも!

特に毛玉タイプの小型センぺルは 出た子株がまた子株を出して
d0174914_2239149.jpg

こんな風に「おりゃーーー」って群生するものが多いです^^

出てきた子株は春の間に 乾燥させすぎないよう適度に、でもしっかり水やりして大きくし、
そこそこの大きさになって根を出したら 秋のはじめ頃に親からはずすか、
早春にはずして独立させるといいですよ♪



ところでセンぺルビブムとジョビバルバってどう違うの?ってこないだ聞かれたんですが
みなさんご存知ですか??
 
違いその①は、子株の出方。

違いその②は、お花。

次回はそのことについてお話しようと思います☆




にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 ←ランキングに参加しています。1日1回、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ ←コチラもよろしければ!ポチッとよろしくお願いします☆

いつもありがとうございます(*^▽^*)
by hinakota | 2014-05-09 22:53 | センペルビブム
<< センぺルビブムとジョビバルバ。 大きな寄せ植え。 >>