人気ブログランキング |

1年経過の多肉ちゃん実生日記vol3。



おはようございます^^
昨日、「涼しくなってきましたね~」って書いたのに、今日は朝から暑い京都です・・・

なんかねー、お天気と相性が悪いとゆうか 
晴れてほしいと思えば雨降るし、雨降ると思って傘持って行ったら降らへんし、
いっつも反対のお天気ばかりになってる気がする・・・(-_-)

今日は子ども達の夏休み最終日。
明日からは また新たに 違った日常が始まります。

コタロウ、ちゃんと起きてくれるかな・・・^^; ヒナタはけっこう優等生^^

さ!かーさんも気合いれて いろいろ頑張っていかなくっちゃーね!









さてさて、今日の実生日記は 「上手く育ってない実生苗」 編です(-_-)


まずはじめに
パキフィツム『星美人(斑入り)』 × セダム『スプリングワンダー』
d0174914_10115528.jpg

「斑入り」とゆう もともと弱いタイプを使ってるのがダメなのか、
ちょびっと新芽を出しては下葉は枯れたり、小さく縮んでみたり。

消えてなくなりはしないんやけど、ぐーんと成長するわけでもなく 一進一退です^^;



コチラも同じ状態の エケベリア『ローラ』 × セダム『ヒントニーカシミア』 ← 毛が長いタイプのヒントニーです
d0174914_1032309.jpg

まわりに見えてる茶色いのは 乾燥したコケです~
ちょっと見苦しい絵でゴメンナサイ^^;

先に紹介した『ジュリア×バーバラ』 『プルビナータ×ローラ』は 
同じエケベリア同士の属間交配だったので うまくいきやすかったけど
異属間ではムズカシイってゆうのもあるのかなぁ?
発芽率も異属間交配のほうが かなり悪いです。

でも どちらも消えるわけでもなく、ほんとにゆーっくりのちょっとずつですが
新芽をだして 成長し続けてるみたい。

こうなったら なくなってしまうその時まで、静かに見守りたいと思います^^


ちなみに 右横のカテゴリ一覧の 『実生』 からとべる去年の実生記事には
自家受粉で芽が出た オロスタキスの『イワレンゲ』
名無しの『メセン』の発芽についても載ってますが、さすが自家受粉苗は強い! 
両方とも立派な苗に成長してます^^ 
もうすでに 手づくり市用の寄せ植えに ちょこちょこ使ってマス♪

多肉植物の実生、けっこうできるもんです。
やり方は、 お花が咲いたら メシベに違う株から採った花粉をつけるだけ!
(同じ株から咲いた花同士では受粉できません。)

受粉した花は、カラー糸などをまいて目印をつけておきます。

実が熟したら(殻がカラカラになったら) 紙の上で 指でモミモミして種を出し、
黒い種が出来てたらOK☆ めっちゃ細かいです

鉢に培養土をいれ、表土1cmくらいは芝の目土や挿し芽用の土など、細かいもので覆います。
(土は、できればレンジでチン!しておくと殺菌できるのでいいらしいですが・・・
 ちょっと抵抗ありますよね^^;)
そこに種をてきとうにパラパラと蒔き、芽がでるまではラップでフタをしておきます。

芽が出て そこそこの大きさになるまでは 腰水(底面吸水)で管理し、乾燥しないように気をつけます。

このとき、腰水に殺菌剤を入れておくと カビの発生などのトラブル回避に効果的です。

自分で種をとって育ててみるのも けっこう楽しいですよー(●^▽^●)♪
特に初めて芽がでてきたときの喜びようったらスゴイです(笑)

次にお花が咲いたら、ぜひ一度お試しあれ~





最後に 実生日記の番外編。

d0174914_11111630.jpg

ヒナタが去年の秋に種をもらって蒔いたリトープス。  ← Fromハウスのおじさん

これ以外にも、全部で4鉢あります。

種を蒔いて2週間くらいで発芽。
リトープスって成長がすごくゆっくりってゆうイメージでしたが
思ってたより しっかり早く成長してビックリ。
まだ1年経ってないのに もう直径1cmくらいのものが たくさんあります。

ちなみに ヒナタのリトープスですが、もちろん世話係はかーさんです・・・けっきょくそうなるのよねー



☆次回の手づくり市出店は 9月1日の一木手づくり市です☆


にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 ←ランキングに参加しています。1日1回、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ ←コチラもよろしければ!ポチッとよろしくお願いします☆

いつもありがとうございます(*^▽^*)
by hinakota | 2011-08-24 11:32 | 実生
<< 群生株を作る。 1年経過の多肉ちゃん実生日記v... >>