多肉の体内時計。



こんばんは☆

台風以来、「蒸し暑い!」と有名な京都でも 朝晩が涼しくて過ごしやすいです♪

多肉植物にとっても クールダウンできる時間ができていい感じ^^

今のところ ひなこた多肉ちゃん達 元気に夏を過ごしてくれてます(*^^*)

本家本元のヒナコタ(ヒナタとコタロウ)も元気いっぱい!
仲良し姉弟ですが、ケンカもすごい^^;
毎日なんだかんだで 子ども達に振り回されてる ひなこたかーさんです^^;

こないだはイトコ姉妹が泊まりに来てて 一日中大騒ぎ!
夏休み、めっちゃエンジョイしてはります(*^ー^)
d0174914_23321522.jpg

しかし 子供って なんでこんなに寝相が悪いんですかね~(笑)







アナカンプセロスは、 ぽってりとした小ぶりの肉厚葉に、
仙人の白いヒゲみたいなんが生えてるのが特徴の、なんとも味のある こじんまりした多肉ちゃん。

去年、 いただきものの 『吹雪の松』 に花芽がついたので、初めてお花を見るのを楽しみにしていました^^

でも、待てど暮らせど 蕾が開かない。

毎日毎日チェックしても、いつも蕾はとじたまま。

そのうち、花も咲いてないのに 蕾は枯れ、 種が飛んだ形跡だけが残ってて(><)
後で知りましたが、アナカンプセロスは自家受粉して、白い種を飛ばします^^

結局 見れずじまいだった アナカンのお花。


こないだ遠い方のビニールハウスに水やりに行ったとき、

ついにオラ、見ただよ!

コチラが初めてのご対面を果たした アナカンプセロス 『桜吹雪』 のお花です☆
d0174914_23451257.jpg


「ああーっ!アナカン、咲いてるーっ!!」
思わず大声がでた私の横にいた、 おなじみハウスのおじさんが一言。

「そいつ3時からちょっとの間だけ咲きよるねん。」 だって!

咲く時間が決まってるらしい。4時頃にはもうお花は閉じてました。

今日ハウスに行ったときも、ちゃんと3時頃になったら お花がぱかっと開き、
1時間ほどでパタッと閉じてました

おじさんいわく、咲く時間がきまってるものは、
受粉の媒介となる虫などの活動時間に合わせて花を開いたり閉じたりするらしいです。

植物って、お花を咲かせるのに けっこう体力使うらしいですが、
アナカンは自家受粉するから、そんな長い時間 花を咲かせておく必要がないのかもしれませんね^^


しかし多肉の体内時間ってば、かなり正確でスゴイ。 
毎日 天候も気温も変わるのに、 どうやって時間 計ってるんかなぁ?






最後に今日のタニクちゃんのコーナー☆

今日のタニクちゃんは 私が多肉植物にハマった頃から大切にしてる 4年目の古株さん☆

エケベリア 『ピンキー』
その名の通り、ピンク色がとってもキレイなんですよ~*^^*
2.5号鉢サイズから育てて、今は私の手のひらより大きくなりました。
d0174914_0121892.jpg

夏は 葉が空気に触れる面積を大きくし、熱を放出しやすくなるよう、
こうして葉を広げます。

反対に冬は 葉が冷気にさらされる面積を少なくして 体内部を寒さから守れるよう、
葉をキュッと縮めて肉厚&コンパクトになるんです。


うーん、機能的! 




来週からもう8月ですね!
4日の木曜日は一木手づくり市に出店します^^



にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 ←ランキングに参加しています。1日1回、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ ←コチラもよろしければ!ポチッとよろしくお願いします☆

いつもありがとうございます(*^▽^*)
[PR]
by hinakota | 2011-07-30 00:31 | 多肉植物の花 | Comments(0)
<< 夏にぴったりな寄せ植え。 似てるけど、違うもの。 >>