黒法師の寄せ植え。


週1ペースで手づくり市に出店して、バタバタと過ぎた10月。

先週の一木手づくり市が無事に終わって、一段落した~と思ったら気が抜けたのか、
軽く『ぬけがら症候群』です(+_+)
しかも私は重度の花粉症なのですが、ここ2,3日 何かにモーレツに反応してます。
目はかゆいし、鼻はつまってるし、頭は重いし~(T T)
毎年11月は楽に過ごせるはずなんやけどなぁ。
いったい何が飛んでるのカシラ・・・



夏前に一度 『黒法師とセダムの寄せ植え』 の記事を書いたのですが。
その時はセダムの花が満開でした。
d0174914_1351726.jpg

セダムは 花が咲いた株は枯れてしまうので
(また株元から子株がもくもく出るので なくなることはアリマセンが^^)
花後は 隙間があいて、少し鉢の中がさみしくなってしまった。
黒法師も夏場はしょんぼりした姿になるので、ずっと畑でお留守番でした。

秋になって、セダムもまたモリモリ育ち始め、黒法師も活発に動き始めたので。
カットして発根した短い苗を 残った隙間にちょいちょいと植えたら
なんだかメルヘンな感じに♪ 写真の撮り方がかなーりイマイチですが^^;
追加で植えたのは グスト・秋麗・八千代・黒兎耳・プロリフェラ
d0174914_1411313.jpg

春になって、モリモリ成長するセダムに埋もれてしまわないように
上に伸びながら子株を出しながら成長するタイプ(グスト・八千代・黒兎耳)、
雑草系セダムと同じように群生するタイプ(プロリフェラ)
動きを出すために、茎が伸びながら暴れるタイプ(秋麗)を選びました☆

春になったらみんな一斉にいい感じに成長して、お互いを引き立てあう
ステキな寄せ植えへと育ってくと思いマス♪ 
d0174914_14115326.jpg

夏の間は固く葉を閉じていた黒法師。
温暖な気候の土地原産の多肉なので、蒸し暑いのと寒いのはニガテです。
夏は風通しのよい半日陰で管理。
秋~春までの間は活発に成長します。
なので、冬の間も 土が乾いたらたっぷり水やりします。
5度以下になったら室内へ。
昼間、雪が降っておらず 気温が5度以上あるなら 外の日向がベストポジション^^
黒法師はアエオのなかでも順応性が高く、丈夫です。
この寄せ植えの黒法師は、もともと大株のものの一枝がポッキリ折れてしまったのを
挿し木したものなので、茎も太くて立派だし、何より元気な良い株なので
来年の秋にはいくつか子株が出てにぎやかになると思いマス♪

コチラの寄せ植え、一木手づくり市にほぼ毎月寄ってくださる おなじみのお客サマのおウチにもらわれていきました。

Nサマ、ありがとうございました(*^^*)




にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 ←ランキングに参加しています。1日1回、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ ←コチラもよろしければ!ポチッとよろしくお願いします☆

いつもありがとうございます(*^▽^*) みなさまの応援、励みになりまス!
[PR]
by hinakota | 2010-11-09 15:10 | アエオニウム | Comments(2)
Commented by nami at 2010-11-11 00:56 x
ひなこたさん、先日は写真褒めて頂きありがとうございました~。
え~!といった感じでしたが、一日中ご機嫌でした^^
しかもアングルがいいなんて・・・ほんとありがとうございました!
これからも思い込みと勘違いでどんどんとっていくので(笑)よろしくお願いします♪
セダムと植える多肉ちゃんの記事、なるほどと言いながら読んでました。
確かにあまり形を変えずに成長していくものは、セダムに埋もれてしまいますもんね~。私も秋麗のくねくね具合良く使わせてもらってます♪

花粉症、お大事にです~
Commented by hinakota at 2010-11-12 00:41
**namiさん**

いえいえ、ホントnamiさんの写真、きれいだな~と思って*^^*
寄せ植え作るのは まあまあかな~♪ と思うのに、
写真の構図と 料理の盛り付けは さっぱり自信ありません(T T)
これからもnamiさんの写真で勉強させてもらいます^^
寄せ植え、黒法師以外は小苗ばかりなので 早く成長してもらわないと
5月にセダムの花が咲き始める頃には埋まってしまう・・・
生育旺盛な品種、というのも選んだポイントなので、3月~5月の間に
頑張ってもらわないと。。。ね(≧▽≦)

もうねー、花粉のないところに住みたいです!
<< ニオイのもとは・・・の花。 植物の秋?!の一木手づくり市。 >>